日本酒を専門に扱っている居酒屋で日本酒を頼むと、升の中にグラスを置き、そのグラスから溢れさせたばかりか、升まで満たすようにお酒が注がれることがあります。これは「もっきり」と呼ばれるお酒の出し方です。もとは「盛り切り」という言葉だったこのお酒の出し方は、江戸時代に量り売りでお酒を売っていたときの名残りだといわれています。沢山サービスしようというおもてなしの精神が、この「もっきり」の根底にあります。

もっきりの飲み方

実は、どう飲むかという特別決まったルールはありません。サービス精神から始まったことなので、それも当然といえば当然かもしれませんね。ただテーブルを汚すような飲み方は避けたいので、グラスを持ち上げ、お酒を少し飲んで減らすか、または中身を升に少し移すのが良いでしょう。