日本酒を出す居酒屋で、冷たい日本酒を頼んだのに常温でお酒が出てきた、なんていう経験はありませんか?実は日本酒の温度表現には紛らわしい部分があり、言い方のちょっとした違いによって温度が変わってくることがあるのです。

紛らわしい「冷や酒」と「冷酒」

ぱっと見どちらの言い方でも冷たい日本酒が出てきそうなこの2つの表現ですが、実は「や」が入るだけで、違った温度のお酒が出てくることになってしまいます。「冷や酒」または「冷や」と言った場合、これは常温のお酒を指します。冷えたお酒は出てきません。冷たい日本酒が欲しい場合、「冷酒」と言う必要があるのです。ただし、この表現を間違える方はかなり存在するので、気の利いた居酒屋ではわざわざ再度の確認を取ってくれるところもあります。