創業1830年という伝統ある酒造が、この大矢孝酒造です。ここは、横浜から西に電車で2時間弱ほどの、神奈川県愛甲郡にその居を構えています。この辺りは丹沢水系の癖の少ない中硬水が使用できる場所で、それがこの大矢孝酒造が発展することになった理由の1つです。現在この酒造は、神奈川でもっとも有名なものの1つとなっています。

お勧めの日本酒「残草蓬莱」

大矢孝酒造でお勧めしたい日本酒ブランドが、この「残草蓬莱」です。「ざるそうほうらい」と呼ぶこの銘柄は、この酒造が立つ土地の古い呼び名から取ったそうです。冷やでも常温でも楽しめる「残草蓬莱」ですが、燗につけるとより味に深みが増すため、冬に楽しみたいブランドです。幾つかのラインナップが用意されていますが、王道の味わい「緑ラベル」がお勧めです。